ここから本文です

いわきFC・菊池、清水に敗退も仕事との両立「全然マイナスではない」…天皇杯サッカー

7/13(木) 0:06配信

スポーツ報知

◆サッカー 天皇杯 ▽3回戦 清水2―0いわきFC(12日・IAIスタジアム日本平)

 福島県社会人1部リーグ・いわきFCは、敵地でJ1清水に0―2で敗れた。

 勝利した2回戦のJ1札幌戦でゴールを決めたFW菊池将太(24)は、前半からシュートを放つなど清水ゴールに迫ったが、無得点。「チャンスで決められるか、決められないかというところが、J1とアマチュアの差なのかなと思う」と振り返った。

 それでも、チームとして徹底的にフィジカルトレーニングを行ってきただけに「走力や球際は、最後まで上回っていたと思う」と胸を張った。

 選手たちは普段、午前中に練習後、午後はいわき市内の倉庫で働いている。サッカーと仕事の両立について、菊池は「全然マイナスではない。仕事をしているおかげで、メンタル的にも、人間的にも強くなれて、今日も最後まで点を取るんだという気持ちにつながったと思う」と話した。

 今後は、10月の全国社会人大会(全社)3位(3位以内に地域優勝チームが入った場合4位)以内なら、全国地域チャンピオンズリーグに出場でき、2位以内に入れば飛び級で今年中にJFL昇格も狙える。菊池は「負けたら、これまでやってきた意味がない。JFLに上がるチャンスをつかみたい」と、天皇杯での経験を生かし、奮闘を誓った。

最終更新:7/13(木) 0:06
スポーツ報知