ここから本文です

白鵬「さあ来い」当たり受け止め最後は寄り切り 最多勝利まであと7勝

7/13(木) 6:05配信

スポーツ報知

◆大相撲名古屋場所4日目 ○白鵬(寄り切り)貴景勝●(12日・愛知県体育館)

 最強横綱の珍しいパフォーマンスに、館内のボルテージが最高潮に達した。観戦した将棋の藤井四段も驚いた。初の結びに挑んだ20歳の貴景勝の当たりを何度も受け止め、最後は誘うように両手を広げて胸を出した。「さあ来い」。小さく唇を動かし、約8秒間にらみ合った後、果敢に飛び込んできた若武者を左四つで受け止め力強く寄り切った。

 「何か言った? そうかな。『来い』と言ったのかな」と言いながらも「余裕があるから勝つんでしょう。(途中で)間が空いたけど(そこで)攻めるより受けようと切り替えることができた。後はつかんで出るだけ」と冷静だった。一人だけ異次元の安定感で4連勝。通算1040勝として、最多勝利までマジック7に迫った。最強横綱に死角は見当たらない。

最終更新:7/13(木) 8:08
スポーツ報知