ここから本文です

YOSHIKI、年内ドラム復活宣言!X JAPANワールドツアー開幕

7/12(水) 5:00配信

サンケイスポーツ

 ロックバンド、X JAPANが11日、大阪城ホールでワールドツアーの皮切りとなる日本公演(2都市6公演)をスタートさせた。5月16日に頚椎人工椎間板置換手術を受けたリーダー、YOSHIKIは術後約2カ月でステージ復帰。首に負担がかかるドラムを封印したピアノ演奏のみの全編アコースティック編成だったが、待ちわびた約1万人は歓喜。YOSHIKIは「年内にはドラムも復活させたい」と熱く誓った。

 なにわの音楽の聖地で奇跡の復活だ!

 ライブ前に上映されたドキュメンタリー映画「WE ARE X」の余韻にファンが浸る中、代表曲「Forever Love」をピアノ演奏するYOSHIKIがステージに“降臨”。その瞬間、約1万人の大歓声が場内にとどろいた。

 YOSHIKIは「みんな元気? 俺に言われたくないか…」とお茶目にあいさつ。「いつものように叫んだり、ぶっ壊すことはできないけれど、違う形で感動を与えたい」と意気込んだ。

 約1年半ぶりとなった単独公演は趣向を凝らした演出が満載。バンド初の全編アコースティック編成で、ストリングス16人を率いて新曲「Angel」を披露し、ハイスピードの楽曲「Silent Jealousy」ではアコースティックギターの音色に合わせて合唱が起こり、ファンと一体に。「ROSE OF PAIN」など前身のX時代の楽曲も演奏。観客は「おかえり」「ありがとう」と、カリスマの復活を祝福した。

 激しいドラムプレーの代償で医師に頚椎椎間孔狭窄症と診断されたYOSHIKI。5月16日に人工椎間板置換手術を受け、医師に「回復に6カ月を要する」と忠告されるも、痛み止めを飲み、満身創痍(そうい)の体を動かして臨んだ。

 公演前の会見でYOSHIKIは「ダメージを受けた神経が治らない。何を触ってもビリビリする」と明かすも、ドラマー復帰のためにトレーニングを開始したことを報告。「本格的なライブは来年かもしれないけれど2、3カ月後からドラムを叩き始めて年内に復活する」と再起を誓った。

 約3時間、計20曲の公演を無事完走したYOSHIKIは最後に「必ず元気になって戻ってくるからな! WE ARE X!」と痛みをこらえて絶叫。数々の困難を乗り越えてきた伝説バンドがまた大きく成長した。