ここから本文です

ピコ太郎さんに岸田文雄外相が感謝 SDGsのPRで NY行き「サプライズ演出」は不発?

7/12(水) 11:51配信

産経新聞

 岸田文雄外相は12日午前、歌手のピコ太郎さんを外務省に招き、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」のPR動画に出演したことに感謝した。岸田氏はまた、17日にニューヨークで開かれる日本政府主催のレセプションでパフォーマンスを披露するよう依頼し、ピコ太郎さんは快諾した。

 SDGsは貧困・飢餓の撲滅など17分野で目標を掲げ、2030年までに実現を目指す。政府は目標実現に向けた国民の取り組みを促したい考えで、岸田氏は「SDGsの認知度はまだ低い。ピコ太郎さんが動画を作ってくださって大変なアピールをしていただいた」と述べた。

 ピコ太郎さんが出演する17日のレセプションは、国連ハイレベル政治フォーラムに合わせて開かれる。

 岸田氏は当初、報道陣の前で出演を依頼するサプライズを演出する予定だった。

 ところが、ピコ太郎さんは17日が自身の誕生日であることに触れ、岸田氏が出演を依頼する直前に「誕生日に(国連に)行けるっていうことがもう…。これはぜひとも、より一層頑張らなきゃっていう感じで」と話し出し、サプライズ演出は「不発」に終わってしまった。

最終更新:7/12(水) 12:16
産経新聞