ここから本文です

【前半戦総括一問一答】阪神・金本監督、2軍調整中の藤浪を心配 「とにかく早く復帰してほしい」

7/12(水) 16:44配信

サンケイスポーツ

 阪神・金本知憲監督(49)が12日の中日戦前、前半戦の総括会見を行った。

 一問一答は次の通り。

 --前半戦を振り返って

 「交流戦明け、負けが込んで、貯金が12あったものが半分ですかね。そこは反省かなというか、もう少しなにかできたかなというところはあります」

 --交流戦までは順調だった

 「そうですね。そこまで貯金2桁あったので、割と順調にきていたのかな、と思います」

 --予想より頑張った選手は

 「リリーフ陣ですね。みんな本当のよくやってくれました」

 --桑原が素晴らしかった

 「特にあんまり実績がない投手でしたけど、やっぱりセットアッパーとして七、八回いってくれという期待の下ね、十分な結果というか、期待通りの活躍をしてくれました」

 --守護神ドリスもよくやった

 「ちょっとこの前、巨人戦でちょっとありましたけど(笑)、ま、1年間やっていく中でそういう試合もいくつかあると思いますし、やっぱり期待以上のものは出してくれましたね」

 --先発陣は

 「先発に関しては昨年からある程度力を発揮してくれて、今年もほぼよくやったとは思っています」

 --秋山が1本立ち

 「いやいや、まだまだ。1年終わってみないと、これはね。まだ途中なんでね。1年終わって、そういえるようになってほしいですね」

 --藤浪がちょっと気になる

 「いや、かなり気になっています。やっぱり彼が中心になって連勝を伸ばしたり、連敗をとめてくれたりという役割をしてほしかったんで。いろんな迷いとか技術的なものとかいろいろあると思うんですが、とにかく早く復帰してほしいですね」

 --2軍で結果を残してから

 「結果というよりは一応、1軍での実績もある投手ですから、結果というよりも内容ですね」

 --昨年鍛えた若手は

 「全体的にはレベルアップできたと思います。しかし1年、1つのポジションを何があってもお前に任せるというレベルにはまだ正直いっていないと思います」

 --夏場を迎える

 「やっぱり高山なんかも夏場から調子を上げたのでそういう意味でも期待していますけど、ま、欲をいえばきりがないんですが、1年終わったときによく伸びたなと思えるレベルまでいってほしいと思います」

 --糸原が活躍 

 「慣れないショートで本当によく頑張ってくれていますしね。打率自体はそんな高くはないんですが、やっぱりいいところでタイムリーを打ったりしているんで、予想以上の働きをしてくれました」

 --後半戦。ロジャース、西岡らに関して

 「やっぱり新しい空気といいますか、新しい風といいますか、期待しています。野手も競争がかなり激しくなってくるんで、そこをなんとか誰にとかいうのは僕らはないんですが、とにかく(選手は)その競争に勝ち抜いて、確固たるレギュラーというかね、誰か確立してほしいですね」

 --後半戦の戦い方、キーマンは

 「みなさんご承知の通り、打線さえしっかり点をとれば、そこそこ戦えるというかね。他のチームにまったく劣っていないので。とにかく打つことです。いいところで打つ。タイムリーを打つ。そういう、打って点をとらないと。せっかくの強力なリリーフも使えないんで。とにかく打ち勝つことです」

 --後半戦はいきなり広島戦

 「そうですね。開幕も広島で交流戦明けも広島で、またオールスター明けも広島で。なかなかしんどいですけど、しっかりチームとしてね、前を向いて、目指すはやっぱり上なんで。とにかく上をみて、前を向いて戦っていきます」