ここから本文です

日本ハム・大谷は1回1/3を4失点 最速は158キロ

7/12(水) 18:47配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、オリックス-日本ハム、14回戦、12日、京セラ)日本ハムは大谷が今季初登板し、先発で1回1/3を投げ2安打4失点でマウンドを降りた。

 通算4戦4勝、防御率0・94と相性のいい京セラドームのマウンドに立った大谷は先頭の小島に投じた初球、ワンバウンドながら155キロを計測。その後も制球が定まらず、四球で歩かせた。続く駿太を空振り三振、吉田正を一ゴロ併殺に仕留めた。

 二回はロメロを空振り三振に仕留めると、続く小谷野に四球、マレーロには内野安打。T-岡田には右前打を浴びて満塁のピンチに。ここで大城に押し出し四球を与え、失点するとマウンドを降りた。代わった2番手・メンドーサは伊藤、小島に連続適時打を浴びるなどこの回5点を奪われた。

 大谷は29球を投じ、2三振3四球、直球の最速は158キロだった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 19:15