ここから本文です

横浜M・斎藤に待望の今季初ゴール!後半とどめでウーゴ弾/天皇杯

7/12(水) 20:58配信

サンケイスポーツ

 天皇杯全日本選手権第4日(12日、横浜M4-2沼津、ニッパ球)横浜Mは、FW斎藤学(27)の今季初ゴールを含む4得点で、J3沼津に快勝。3年連続で4回戦に進出した。

 開幕からリーグ、カップ戦でノーゴールが続いた横浜Mの主将に、待望のゴールがついに生まれた。横浜Mは前半14分、MF喜田のミドルシュートで幸先良く先制。すると同43分に、ついに歓喜の瞬間が訪れた。

 右サイドからMF前田がゴール前にパス。斎藤が中央から駆け込むと、相手DFとGKが交錯。ボールを奪った斎藤は、そのまま無人のゴールに蹴り込んだ。さらにロスタイムにはMFバブンスキーからの浮かせたパスに抜け出すと、ペナルティーエリア右手前からシュートを決めて2点目を挙げた。

 前半に主将の2ゴールで試合を決めた横浜M。後半27分にはU-20日本代表MF遠藤渓太(19)がピッチへ。先発出場したバブンスキーは同40分までプレーし、攻守に活躍した。最後は後半ロスタイムに途中出場のFWウーゴ・ヴィエイラが得点し、試合を決めた。