ここから本文です

【インド】ハイブリッド販売は続ける─マルチ・スズキ社長

7/12(水) 18:00配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 物品・サービス税(GST)で増税となっても、ハイブリッド車の販売は続けていく──。マルチ・スズキ・インディアの鮎川堅一社長は7月10日、こうした見解を明らかにしている。PTI通信が同日付で報じている。

 これまで30.3%の実効税率だったハイブリッド車は、7月からのGST税制で大型高級車と同じ43%に引き上げられるなど、増税の対象となった。自動車業界は、エコカー普及を進める政府の方針に矛盾するとして見直しを求めているが、財務省は応じていない。

 鮎川氏は「ハイブリッド化に踏み切ったのは、環境に優しく燃費の良いクルマをインドだけなく、世界で作ろうとしたからだ。この姿勢は揺るがない」と説明。GST税制ではハイブリッド車が減税措置の適用から外れたことに言及した上で「今後も政府へ働き掛けていく」と語っている。