ここから本文です

ホークス石川は打たれない男 被打率・171 右手のマメで6回1失点降板、則本との“格差対決”上回る

7/12(水) 6:01配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-5楽天(11日・ヤフオクドーム)

 もっと長くマウンドに立ちたかった。6回2死一、三塁で代打アマダーを二ゴロに仕留めた石川は、そのままロッカールームに下がり交代した。右手のまめが原因だった。「初回から指のかかりが良すぎて(中指の)皮がめくれた。次も投げるつもりだったけど、アマダーを打ち取った1球で力が入ってめくれてしまった」。白星にはつなげられなかったが、首位攻防の大事な一戦で背番号29の存在感は確実に高まった。

【写真】バンデンハークと「あっち向いてホイ」に興じる武田

 6回を4安打1失点。先発では初めて対戦した強力なイヌワシ打線をソロ被弾のみでしのいだ。「きょうは野手に助けられた部分が大きい。ただそんな状況でもこれくらいの投球ができるということは分かったので、それは良かった」。打線の頼もしい援護に感謝しながらも、自らの投球内容を冷静に振り返った。

 楽天の則本との“格差対決”で内容は上回った。通算勝ち星は4勝と59勝、推定年俸は500万円と1億5000万円。実績では絶対的な開きがあるが、立ち上がりから抜群だった。初回から3奪三振。6回、外角直球をペゲーロに左翼テラス席への19号ソロとされ、6月27日の日本ハム戦の初回から続けてきた連続イニング無失点が19で止まったが集中力が切れることはない。2死一、三塁では代打アマダーを内角への146キロで二ゴロに打ち取った。

 被打率は1割7分1厘。規定投球回未満のため単純比較はできないが、規定到達の投手のうち12球団トップの菊池(西武)をも上回る。佐藤投手コーチは「今の時点では、東浜の次に安定感がある。四球でランナーを出しているけど、問題ないよ」と“打たれない男”をたたえた。

 和田、武田、千賀と、開幕ローテから離脱者が続いてもチームは大崩れしなかった。東浜に続き、交流戦から先発に回った石川が支えた部分は大きい。きょう12日に出場選手登録を外れ球宴明けに備える。5勝目は逃したものの、頼もしさは増すばかりだ。

西日本スポーツ

最終更新:7/12(水) 6:01
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報