ここから本文です

暴走族5人逮捕、バイクの若者に「もぐり狩り」称し暴行の疑い/県警

7/12(水) 0:23配信

埼玉新聞

 埼玉県警少年捜査課と蕨署の合同捜査班は11日までに、傷害などの疑いで、戸田市を拠点とする暴走族構成員の17~18歳の少年5人を逮捕した。

 5人のうち4人の逮捕容疑は共謀して今年3月13日、同市内の国道298号高架下トンネル内で、知人の男子高校生(17)に暴行を加え、左頬に約8日間のけがを負わせるなどした疑い。いずれも容疑を認めているという。

 同課によると、逮捕された少年らは「もぐり狩り」と称し、バイクに乗った若者に因縁をつけ、現金を要求したり、暴行を加えたりしていたという。被害者から届け出があり、県警で捜査していた。

最終更新:7/12(水) 0:23
埼玉新聞