ここから本文です

野生猫の繁殖防止へ 猫の飼い主の義務規定、罰則強化

7/12(水) 11:10配信

sippo

 野生化した猫(ノネコ)が希少動物を襲う問題を受け、奄美大島と徳之島の各自治体が6月定例議会に飼い猫の管理条例を強化する改正案を出し、それぞれ可決された。奄美大島では違反者への罰則を導入。徳之島では屋外で飼う猫への不妊去勢手術などを義務化し、罰則も強めた。

【写真特集】野生とは無縁? 人間っぽい猫たち

 いずれもノネコにつながる野良猫を減らすのが目的。3日に奄美市議会が奄美大島5市町村共通の条例改正案を可決し、足並みがそろった。両島が目指す来夏の世界自然遺産登録を見据え、対策を急いだ。

 奄美大島では、飼い猫の登録やマイクロチップの装着などの義務規定に違反し、行政の指導や勧告、命令を受けても対応がない場合に5万円以下の過料を科す。施行は来年1月から。島内5市町村は3月にチップ装着の義務化などを決めたばかりだったが、罰則を求める議会などの声を受けて改正した。

 徳之島でも6月定例議会で、島内3町共通の条例を改正。屋外で飼う猫への手術を義務化し、5匹以上飼う場合は町の許可が必要とした。これまでも飼い猫の登録などをせず、行政指導にも従わない場合に2万円以下の過料があったが、今回の改正で5万円以下に引き上げた。

 奄美市環境対策課は「罰則は住民の意識を高めてもらうのが目的。希少種が生息する島なので、協力してほしい」と呼びかけている。

sippo(朝日新聞社)

最終更新:7/12(水) 11:10
sippo