ここから本文です

ユーヴェを脅かすチームは現れるのか!? ヴィエリ氏が市場を賑わすセリエAの2017-18を予想

7/12(水) 0:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

新シーズンもユーヴェの優勝は堅い!?

ユヴェントスが前人未到のセリエA6連覇とコッパ・イタリア3連覇を成し遂げ、幕を下ろしたイタリアの2016-17シーズン。はたして、2017-18シーズンこそ王者ユヴェントスの絶対的な地位を脅かすクラブは現れるのだろうか。

中国資本を手に入れたことで、シーズン終了直後から移籍市場で積極的な動きを見せるACミラン。攻守においてバランス良く補強し、アンドレ・シウバやハカン・チャルハノール、マッテオ・ムサッキオなど、すでに7名の獲得が発表されている。

さらに、敏腕スポーツディレクターとして知られるモンチ氏が就任し、破格の移籍金でリヨン主将を獲得するなど、効率的な補強が期待されるローマ。ビッグネームの補強の噂はあまりないものの、引き抜きが噂された主力選手が契約延長を行い、より一層成熟したチームが見られそうなナポリなど、すでに新シーズンが楽しみなクラブがいくつかある。

そんな中、イタリアのレジェンドであるクリスティアン・ヴィエリ氏がインタビューに応じ、新シーズンのセリエAについて語った。伊『Corriere dello Sport』や『calciomercato』など複数メデイアがコメントを伝えている。

まず優勝予想について「私が思うに、恐らく変わんないんじゃないかな。ユヴェントスが優勝を勝ち取り、他のクラブがそれに続く形になると思う。ユヴェントスは3年間で2度もチャンピオンズリーグの決勝へ進出チームだからね……。偉大なチームであることを証明している」とコメント。ただ一方で「もちろん、まだ7月だから素晴らしい契約を行い、ユヴェントスとのギャップを埋める時間はどのクラブにもあるよ」とも話している。

その上で、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるミランについて「私は彼らについていくつか疑問を持っているんだ。アンドレ・シウバの獲得は素晴らしいと思う。ただ、全体的に見て頂点へ返り咲くために必要なトッププレイヤーがあまり見られないかな」と言及した。

さらに欧州行きのチケットを逃したインテルについては「違いを作れるような重要なプレイヤーが必要。そのために市場で積極的な動きを見せなければ」と述べている。そして、ナポリについては「大きな変化はない。トップを目指すならクオリティを飛躍させたいね」と、ローマについては「厳しいんじゃないから。トッティがいないローマなんて想像できない。10番がいないローマは全く別のチームになるだろう」との見解を示している。

最後に「(最近のイタリアの移籍市場は)とても退屈だ。残念ながらイタリアには昔のようなビジネスはもはやないよ」と、近年盛り上がりに欠けるイタリアサッカーに対して、ヴィエリ氏は少し悲しさをにじませた。本格的な移籍市場はまだまだ始まったばかりだが、セリエAにかつての輝きを取り戻すためにも、是非ともイタリアでも魅力的な移籍が実現してほしいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/