ここから本文です

ナノテク産業拠点に ナノ技術ビジネス展開加速へ/富山

7/12(水) 22:42配信

チューリップテレビ

 鉄の5倍の強度をもつ材料、『セルロースナノファイバー』の活用を目指す県の協議会が開かれ、今年度、ビジネスマッチングの機会をさらに増やしていくことを確認しました。
 協議会には、アルミや繊維などの業界団体、大学の関係者などが出席しました。
 県では、県内企業2社がもつ『セルロースナノファイバー』の製造技術を核として、ものづくり産業拠点の形成を目指していて、2014年度から5年間で国の支援プログラムの採択を受けています。
 鉄の5倍の強度をもつ『セルロースナノファイバー』は世界的にも注目されていて、工業製品から繊維、医薬など、幅広い分野への活用が期待されています。
 プログラムの4年目にあたる今年度は、いかに地域産業への活用していくかが課題で、産業別、業種別にビジネスマッチングの機会をつくり、スピード感をもって商品化につなげることを確認しました。

チューリップテレビ