ここから本文です

ゆでトウモロコシを販売中 8月下旬まで 中札内村・道の駅

7/12(水) 14:44配信

十勝毎日新聞 電子版

 中札内村のピータン農園(中戸蔦東6線、柴田浩司園長)は、ビニールハウス栽培のスイートコーン(トウモロコシ)の収穫を開始、道の駅なかさつない(同村大通南7)でゆでて販売している。

 6日からゴールドラッシュ系の2種類を収穫している。長雨や倒伏があった昨年に比べて今年の品質は良好としている。

 今年から中札内若どりのから揚げ屋横に販売場所を移転。午前7時ごろに手もぎで取ったばかりのスイートコーンを販売している。ゆでた後に、ヒマラヤの岩塩を溶かした水にくぐらせる。農園従業員の伊藤哲平さん(32)は「岩塩はまろやかで味に深みが出る」と話している。

 1本280円。販売は毎日午前10時に始める。売り切れ次第終了。8月下旬まで定休日なしで営業する。天候によって収穫できない場合は休業する。(深津慶太)

十勝毎日新聞