ここから本文です

トム・クルーズが天才的“運び屋”に 『バリー・シール/アメリカをはめた男』予告編

7/12(水) 8:00配信

ぴあ映画生活

トム・クルーズが主演を務める映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。本作は、1970年代、トランス・ワールド航空社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘ミッションのパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物、バリー・シールの生涯を映画化したクライム・アクション・エンターテインメント。

『バリー・シール/アメリカをはめた男』予告編

破天荒だが天才的、そして誰にも愛される才能と愛嬌を持ち合わせていた主人公バリー。アメリカがその存在を隠し続け、密輸王と呼ばれた天才的“運び屋”バリー役をクルーズが演じ、監督を『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンが務める。クルーズとリーマン監督は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』以来、本作が2度目のタッグ作だ。

公開された予告編には、パイロットサングラスをかけて飛行機を操縦する敏腕パイロットのバリーがCIAから勧誘を受け、“麻薬の運び屋の天才”へと変貌を遂げていく過程が収められている。「お前は“運び屋の天才だ”」と絶賛され、麻薬王とも繋がりを持つようになるバリー。ついには、家族を全く顧みずに悪の限りを尽くし、運び屋ライフを思いきり満喫してしまうように……。

一方のポスタービジュアルには、カバンから溢れんばかりの札束をまき散らしながら、堂々と歩くバリーの姿が捉えられている。家中が札束だらけで邪魔になる程の巨額の富を手にしたバリー。彼に待ち受ける事態と、アメリカ史に残る最大の秘密工作に携わっていくバリーの数奇な人生の行方とは。

『バリー・シール/アメリカをはめた男』
10月より全国ロードショー

最終更新:7/12(水) 8:00
ぴあ映画生活