ここから本文です

イケメンがW-1GP初優勝 芦野の王座へ挑戦

7/12(水) 22:45配信

スポーツナビ

 12日のWRESTLE-1「WRESTLE-1 TOUR 2017 SYMBOL」東京・後楽園ホール大会では、「WRESTLE- 1 GRAND PRIX 2017」を開催し、712人を動員。8選手参加の1DAYトーナメント決勝戦では、黒潮“イケメン”二郎が河野真幸を破り初優勝。9.2神奈川・横浜文化体育館大会でWRESTLE-1チャンピオンシップ王者・ 芦野祥太郎への挑戦権を獲得し、早くもリング上でにらみ合った。

 黒潮は今年1月、左ヒザ後十字靭帯損傷で4カ月間の欠場を強いられたが、5月に復帰。雑誌『Number』の「プロレス総選挙2017」では、そうそうたるメンバーが名を連ねる中で快挙ともいえる結果を残し、一躍時の人となった。その人気を証明するかのように、1日3試合の間、常に「イケメン」コールが後押ししていた。

 黒潮は初戦でNEW ERAの土肥孝司との同門対決をスモールパッケージホールドによる丸め込みで制すると、準決勝では前人未到の3連覇を狙う征矢学のワイルドボンバーに耐え、フランケンシュタイナーで3カウントを奪取。総選挙の結果を追い風に、破竹の勢いで決勝へ躍り出た。

 迎え撃ったのは初代WRESTLE-1チャンピオンシップ王者でもある河野。河野は黒潮が爆弾を抱える左ヒザを容赦なく攻め立て、ストンピング、ドラゴンスクリューなどを見舞う。だが、黒潮も痛みをこらえ、スワントーンボム、回転十字架固め、腕ひしぎ逆十字固めなどを仕掛けていくが、河野の長い足がロープに届き、なかなか決めきれない。
 だが、13分過ぎ、河野のダイビングニードロップをかわして自爆させると、さらにチョークスラムも切り返して腕十字固めで捕獲。これはロープに逃げられるも、ドロップキックから変形バスター、さらには怒とうのムーンサルトプレス2連発で、「フィニッシュ!」を決めた。

 大「イケメン」コールに祝福され、笑顔を見せた黒潮は、現王者の芦野とリング上でにらみ合った後に握手をかわすと、「9月2日、横浜文体、よろしくお願いします」と頭を下げてから、「オレ、あいつ、ぶっ潰す!」と高らかに宣言。最後は観客と共に「横浜文体観に来てくれるかな」「いいとも!」のかけ合いで締め、「ファンに愛されるチャンピオン」の誕生を予感させた。

最終更新:7/12(水) 22:45
スポーツナビ