ここから本文です

【動画】厳しい暑さ続く 急な雷雨にも注意を(12日19時更新)

7/12(水) 18:43配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 木曜日も梅雨前線の影響で、大気の状態が不安定になります。近畿から東北にかけては局地的な激しい雨や雷雨に注意してください。厳しい暑さが続き、今年いちばんの暑さになるところもありそうです。

 木曜日は晴れる北日本や西日本では、気温がさらに高くなるところがあり、大分の日田や、京都、大阪などでは36℃まで上がる予想です。できるだけ暑さを避けて、熱中症に警戒してください。
 
梅雨前線は本州付近に停滞し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になります。午前中は東日本や東北南部で雨が降りやすく、局地的に活発な雨雲がかかる見込みです。さらに気温の上がる午後は、四国や近畿から東北地方にかけて発雷確率が高くなります。あちらこちらで急な雨や雷雨となるところがあるでしょう。局地的には非常に激しい雨の降るおそれがあります。晴れ間があっても空模様の急な変化に注意が必要です。土砂災害や低い土地の浸水、竜巻などの突風やひょうにも注意してください。

 最低気温は25℃前後のところが多く、寝苦しい夜が続きそうです。最高気温は広く30℃以上となって、猛暑日となるところもあるでしょう。北海道の帯広も35℃の予想です。就寝中や室内でも、冷房を適切に使用し、水分をこまめにとるなどして熱中症に警戒してください。(気象予報士・及川藍)

最終更新:7/12(水) 18:43
ウェザーマップ