ここから本文です

お茶に睡眠導入剤 看護師逮捕 千葉・印西市

7/12(水) 13:25配信

ホウドウキョク

2017年5月、千葉・印西市の老人ホームで、車で帰宅しようとした同僚のお茶に睡眠導入剤を入れて、事故を起こさせ、殺害しようとした疑いで、71歳の看護師の女が逮捕された。
印西市の老人ホームに勤める看護師・波田野 愛子容疑者(71)は、2017年5月、同僚の女性職員とその夫が、車で帰宅するのを知っていながら、睡眠導入剤をお茶に入れて飲ませ、事故を起こさせ、殺害しようとした疑いが持たれている。
同僚らは、運転中に眠気を催し、佐倉市内を走行中に、ワンボックスカーと衝突する事故を起こし、女性職員は、肋骨(ろっこつ)を折る大けがを負った。
勤務先の施設長は「被害に遭われた方とは、仲が良かったように見えたので、信じられなかった」と話した。
調べに対し、波田野容疑者は、お茶に睡眠導入剤を入れたことを認めていて、警察は、動機について、くわしく調べている。

最終更新:7/12(水) 13:25
ホウドウキョク