ここから本文です

大手企業初、「プレ金」は出社しなくてOK?

7/12(水) 11:22配信

ニュースイッチ

石油資源開発が今月から試験導入

 石油資源開発は月末の金曜日にコアタイム(必ず勤務しなければならない時間帯)を撤廃し、自由に勤務できる制度を7月に試験的に導入する。従業員は月に定められた総労働時間を満たすことを前提に、有給休暇を申請せずに、実質的な休日を取得することもできるようになる。業種を問わず大手企業では初めてとみられる。従業員に柔軟な働き方を提供して、業務の効率化につなげる。

 月末の金曜日に早めの退社を促し、消費を喚起する官民一体のイベント「プレミアムフライデー」にあわせた取り組み。7ー9月の3カ月の月末の金曜日(7月28日、8月25日、9月29日)で試す。
 
 同社は2017年度にフレックスタイム制度を導入しており、10時から15時をコアタイムに定めている。業務状況などに応じて始業時刻や終業時刻を月単位で調整すれば、月末の金曜日を短時間勤務にしたり、出社しなかったりすることも可能になる。
 
 プレミアムフライデーのコアタイムの撤廃のほかに、「勤務間インターバル制」も試験的に3ヶ月間実施する。仕事の終業時から翌日の始業時間までに、休息や睡眠に十分な時間を確保する。11時間のインターバルを設ける。
 
 同社は、毎年、夏の期間に、労働環境を変える取り組みを試験的に実施し、本格導入するか判断する。フレックスタイム制度も昨夏に試し、今年度に採用した経緯がある。

 「プレ金」に乗っかった形の取り組みだが、同社の狙いは、より柔軟な働き方の導入。どちらかというと「古い」業界の印象の石油業界では試験的とはいえ、先進的な制度と言える。

最終更新:7/12(水) 11:22
ニュースイッチ