ここから本文です

ソニー、有機ELディスプレイA1シリーズに77型のKJ-77A1を投入!

7/12(水) 23:20配信

Stereo Sound ONLINE

放送、VOD、パッケージ、さまざまな4Kコンテンツが楽しめる

 ソニーは、今春発売を開始した有機ELディスプレイ「A1」シリーズに、77型モデルの「KJ-77A1」を追加、8月5日より発売を開始すると発表した。価格はオープンで、想定市場価格は250万円前後。

ソニー、有機ELディスプレイA1シリーズに77型のKJ-77A1を投入!

 A1シリーズは、有機ELパネルを搭載したディスプレイで、ソニーの家庭用有機ELとしては、初めての大画面ディスプレイとなるもの。6月に55型と65型が先行発売されており、今回、77型の投入で、満を持してのラインナップ拡充となる。

 仕様としては先行モデルと同じであり、映像エンジンには昨年のフラッグシップモデル「Z9D」に搭載されて話題を集めた4K高画質プロセッサー「X1 Extream」を採用している。

 音声面に関しては、A1の特徴でもある画面全体から音を発する「アコースティックサーフェス」を踏襲。対角線がおよそ2mもある巨大な画面全体から、迫力のサウンドを楽しめるようになっている。

 内蔵チューナーは、地上デジタル×2、BS/110度CSデジタル×2、そしてスカパー!プレミアムサービス×1であり、4K&HDRの映像入力にも対応。NETFLIXのHDRコンテンツも楽しめる。

 小社刊の月刊誌「HiVi」の夏の恒例企画「ベストバイ」のテレビ部門III(50型以上59型以下)は、ソニーの4K有機ELテレビ「KJ-55A1」が制し、加えて今回、シリーズ最上位の77型モデルが登場したことで、大きな注目を集めそうだ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/12(水) 23:20
Stereo Sound ONLINE