ここから本文です

無人の完全自動運転タクシー実現へ、日の丸交通などが研究会発足、目標は2020年の本格営業

7/12(水) 15:00配信

トラベルボイス

日の丸交通と、ロボットや自動運転技術を開発するZMPは、無人の完全自動運転(レベル4)の自動走行タクシーの実現を目指し、推進研究会を立ち上げた。

目標は、東京オリンピックが開催される2020年の本格営業。これに向け、自動走行タクシーに関する法規制や料金体系、走行エリアの議論など、サービス形態の検討や関係各省庁との調整などを行なう。今後は、他のタクシー会社の参加も呼び掛けていく方針だ。

同研究会によると、政府は「未来投資戦略2017」で、2020年に無人自動走行による移動サービスを実現することを目指し、本年度から全国10か所以上で行動実証を実施することが記載されている。同研究会は今回の取り組みが、この成長戦略に沿うものだとアピールしている。

トラベルボイス編集部

最終更新:7/12(水) 15:00
トラベルボイス