ここから本文です

スズキ、スーパースポーツバイク 6代目新型GSX-R1000R ABSを日本で発売

7/12(水) 14:20配信

オートックワン

スズキは、同社を代表するスーパースポーツバイクの新型GSX-R1000R ABS 日本仕様を7月28日より発売する。価格(消費税込)は、204万1200円となる。

新型GSX-R1000R ABSの画像を見る

新型GSX-R1000R ABSは、「No.1スポーツバイク」をコンセプトに、GSX-Rシリーズの特長であるエンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直した。また、モトGPで培った技術を採用することでさらに進化させ、高次元でバランスさせている。

今回8年ぶりに全面改良した6代目GSX-R1000に初めて日本仕様を設定。GSX-R史上最もパワフルで、最も環境性能に優れたモデルである。

新開発の999ccエンジンは、モトGPで開発した技術を取り入れた新機構のブロードパワーシステムを採用し、低中速域のパフォーマンスを損なうことなく最高出力を向上させながら、スムーズな出力の伝達と全回転域での強力な加速性能を実現した。

車体は空力性能を高め、フレームの軽量化と強度の最適化を図り、エンジンの搭載角度を変更することで、コーナリング性能と操縦性を高めた。

さらに、レースで開発されたショーワ社製の高性能な前後サスペンションにより高い接地性と吸収性を実現し、フロントブレーキにはブレンボ社製のキャリパーとディスクを装備した。

また、ライダーをサポートする高度な電子制御として、制動時の姿勢を安定させるモーショントラック・ブレーキシステムや、エンジン出力を制御し10段階から選択できるモーショントラック・トラクションコントロールなどの装備に加え、スムーズな変速を支援するクイックシフトシステムを採用した。加えて、サーキット走行でのアシスト機能として、理想的なスタートの加速を支援するローンチコントロールシステムも採用している。

新型GSX-R1000R ABS日本仕様の特長として、欧州仕様と同程度の最高出力145kW/13,200rpm・最大トルク117N・m/10,800rpmを実現し、国内専用装備としてETC車載器を標準装備した。

GSX-R1000は、レース活動で培った最新技術をフィードバックした軽量・高出力な高性能スポーツバイクGSX-Rシリーズの最上位モデルとして2001年より欧州、北米等で販売を開始。輸出専用車として、これまでに全世界で累計20万台以上を販売し、GSX-R1000をベースとしたレース車両は、世界耐久選手権で11回のタイトルを含め、スーパーバイク世界選手権、鈴鹿8時間耐久レース、全日本ロードレース選手権など数々のレースで栄光を勝ち取ってきた。

最終更新:7/12(水) 14:20
オートックワン