ここから本文です

掴んだ客は離さない! 竹内力が語る“お客さん第一”の作品づくり

7/12(水) 18:00配信

ぴあ映画生活

竹内力が主演を務めるオリジナル連続ドラマ2作品が現在、J:COMプレミアムチャンネルで放送、J:COM オンデマンドで配信されている。竹内が闇の世界に生きる男を演じた“王道”の『闇の法執行人』と、竹内が“最強のオバハン”に扮した衝撃作『大馬鹿代』の2作品で、原案と製作総指揮も務める竹内は、真逆のキャラクターを同時にリリースすることが重要だと語る。

竹内力 写真

竹内は1986年にデビューし、数々の映画、ドラマ、Vシネマに出演する人気俳優だが、自身の事務所“RIKIプロジェクト”を率いて、自ら作品を企画し、指揮をとる“映画製作者”の顔も持ち合わせている。「きっかけは所属していた事務所からの独立です。自分で自分を自由にマネージメントできるし、自分で社員に給料も払うわけだから、自分でものをつくるスタートラインに立てると思ったんですね。それに依頼が来ないのに、こちらから売り込みにいっても、すでにキャストは決まってるわけだから、売り込んでも意味ないですし、マネージャーに払う給料は無駄なわけですよ。だから、マネージャーではなく、プロデューサーを育てて、まずは自分たちでVシネをつくって、将来的には映画をつくりたいという夢をもってずっとやってきたんです」

RIKIプロジェクトは現在、杏主演の映画『オケ老人!』や、松山ケンイチ主演の映画『聖の青春』、新鋭・廣原暁監督の『ポンチョに夜明けの風はらませて』などの制作も手がけている。「いつも言ってきたのは“客目線”ということ。俳優で集まって酒飲んで議論しても意味ねぇと思っていて、良い時にはみんな寄ってくるし、売れなくなったらみんな去っていく。テレビに出て売れてる人が落ちるとやっぱり悲惨なんですよね。だから芸能界は怖いところだと思いますし、その荒波を渡っていくのは大変なんですよね。そこで、自分たちでVシネを作りながら“客目線”で諦めずにずっとやってきたんです。だから、自分が主演するとか出演するとかは関係ないんですね。自分の役があれば出ますし無理に出ることはないんですね。枠とか看板とかは必要のない世界ですから、地道にいい作品をつくり続ければ、いつかはいいことがあるかなって思ってます」

肩書きやパブリックイメージに安住することなく、つねに“観客が楽しめる作品”だけを追求していく竹内の姿勢は、大ヒット作『ミナミの帝王』や『仁義』シリーズの流れを引き継ぐ『闇の法執行人』と、観客のイメージを大きく覆す『大馬鹿代』にも反映されている。竹内力に“オバハン”を演じさせようと思いつくプロデューサーは、竹内力しかいないだろう。「そもそも誰も思いつかないでしょうからね(笑)。これは10年ぐらい前に撮影の合間に“何か面白いキャラクターを生み出せねぇかな”と思って落書きしてたときに生まれたキャラクターなんですよ。『ミナミの帝王』だと俺はベンツとか乗ってるイメージだと思うんですけど、そんな俺が“ママチャリ”に乗ってたら面白いじゃないですか。だから衣装もメイクも全部、自分で決めて……そういうのを考えるのが好きなんでしょうね」

竹内力は自らキャラクターを創造し、育てることで、観客から絶大な支持を集めてきた。その証拠に、彼が演じてきた多くのキャラクターが何年にも渡ってシリーズ化されている。「そうなんですよ。『ミナミの帝王』は64作あるんですけど、その時々の社会の話題を取り入れることで、観てる人が共感したり興味をもったりしてもらえるんですよね。いつも俺たちは“お客さん第一”で考えますし、Vシネマは(DVDを)観ているときにいつ一時停止されたり、タバコ吸ったりされるかわからないですからね。だから、パッケージのデザインがいかに大事かとか、どういう題材にお客さんが食いつくかとか、机の上だけでやってる人とは、経験値が違いますよね」

近年は、ネットストリーミングのサービスが世界中で利用者を拡大しており、大きな予算を投じた映画がネットだけで配信されるケースも増えてきた。つまり、世界中のドラマや映画が“Vシネ化”しつつある。「途中で止められないようにしたり、観てもらうために題名を工夫したり……こんな時代が来るとは思ってもみませんでした。だから、この2作を同時に作れるってなった時は“最強だな”と思ったんです。真逆のキャラクターを同時に押し出せるということは“ギャップ”があるということですよ。やっぱり人は“ギャップ”に食いつくわけだから、両方が成功する可能性が広がるんですよね。やる以上は、勝つか負けるかわからない勝負はしたくないですから。この2作品とも1話を観てもらいさえすれば、最後まで興味をもってもらえると思います」

『闇の法執行人』
第1~3話
『大馬鹿代』
第1話
J:COMプレミアチャンネルで放送、J:COMオンデマンドの定額見放題サービス「メガパック」にて配信中

最終更新:7/14(金) 17:56
ぴあ映画生活