ここから本文です

ジョコビッチ、死闘ナダルvsミュラーは「最高のドラマだった」<男子テニス>

7/12(水) 7:13配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、男子シングルス4回戦が行われ、2年ぶりのベスト8進出を果たした第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は試合後の会見で、第4シードのR・ナダル(スペイン)と第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)の死闘について「最高のドラマだった」とコメントした。

【ウィンブルドン対戦表】

前日に行われた4回戦で、ナダルは4本のマッチポイントをしのぐ粘りを見せたが最後はフォアハンドがアウトし、4時間48分におよぶ激闘の末、ミュラーにフルセットで敗れた。スコアは3-6, 4-6, 6-3, 6-4, 13-15。

これまで数々の激闘を繰り広げてきた元王者のジョコビッチは「5時間や6時間の試合をして、翌日や2日後に最高のプレーをしなければならないのは、身体が望んでいるものではない」と述べた。

11日、ジョコビッチは世界ランク51位のA・マナリノ(フランス)を6-2, 7-6 (7-5), 6-4のストレートで下し、2年ぶり9度目のベスト8進出を果たした。

準々決勝では、第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦する。両者は今回が28度目の対戦で、ジョコビッチの25勝2敗。

ベルディヒは4回戦で第8シードのD・ティーム(オーストリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:7/12(水) 7:14
tennis365.net