ここから本文です

「全然終わりが見えない」手作業で泥かき出し 九州豪雨1週間

7/12(水) 14:05配信

西日本新聞

 大きな被害を出した九州豪雨は12日、発生から1週間を迎えた。福岡、大分両県の死者は25人、不明者はいまだ22人に上り、懸命の捜索が続いている。1319人に上る両県の避難者も、避難所での蒸し暑さの中でプライバシーのない生活が続き、疲労感をにじませる。一方、大分県では寸断されていた道が開通し、同県日田市大鶴、小野両地区の孤立状態が解消。地域によっては土砂の片付けをしたり罹災(りさい)証明の申請をしたりと、復興や生活再建に向けた動きも始まっている。同日午前には、安倍晋三首相が日田市を視察した。

⇒【画像】集落に取り残されていた犬と出会い、笑顔を見せる女性

【朝倉市】1700人態勢で捜索続行

 20人の安否不明者がいる福岡県朝倉市では12日午前、6カ所で自衛隊、警察、消防など計1759人態勢で捜索が再開された。

 同市杷木林田を流れる赤谷川周辺では午前8時すぎから、自衛隊と警察約50人が重機やスコップを使って土砂をかき出す作業を始めた。周囲には捜索隊の無数の足跡がぬかるんだ地面に道を作った。

 同市の犠牲者が約50キロ離れた有明海で発見されたケースもあり、捜索に携わる消防隊員の一人は「捜索場所が多岐にわたり、正直難航している。絶対見つかると信じて続けるしかない」と表情を引き締めた。

 朝倉市で最多の202人の避難住民が身を寄せる杷木久喜宮のサンライズ杷木。体育館の床にはマットが敷かれ、仕切り板やカーテンのない環境で、住民も疲れた様子。同市杷木志波の坂本輝男さん(73)は、土砂災害の恐れから避難した小学校が閉鎖され、サンライズ杷木に移った。「1週間過ぎても落ち着かないし、先のことを考えると心配だ」と涙を浮かべて話した。

【東峰村】断水続く中で後片付け

 福岡県東峰村では流木や土砂があちこちで手つかずの状態で残されたままだ。住民は朝から自宅の片付けに追われていた。その合間に役場へ罹災証明の申請にくる住民の姿もあった。

 村を流れる大肥川近くに住む同村福井の岩下輝香さん(77)は、川沿いの畑や倉庫にたまった泥を手作業でかき出していた。「この1週間、毎日片付けたけど全然終わりが見えない」とため息をつく。自宅も床下まで浸水。夫の元二さん(78)は「早く行政に片付けてほしいけど、もっと被害が大きな地区もあるので強く言えない」と複雑な表情を浮かべた。

 村内は電気は復旧しているが、一部で断水が続き、陸上自衛隊による給水車も出動している。水をもらいに来た安岡剛さん(66)は「朝夕、水くみに来るのが大変。これが日課になった」という。ただ、自宅の水道は水が濁っているものの11日に復旧。安岡さんは「日常に戻れるのはまだ先だろうが、少しずつだが前進しているので復興を信じて前を向くしかない」と歯を食いしばった。

1/2ページ

最終更新:7/12(水) 14:05
西日本新聞