ここから本文です

ミラン行きに迷いなし! 世界トップレベルのSBロドリゲス「2、3のオファーがあったけど……」

7/12(水) 13:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

イタリアでのプレイが夢と語る

今夏ヴォルフスブルクからミランに移籍したDFリカルド・ロドリゲスは、以前から高い評価を受けていた選手だ。当然今夏もロドリゲスを獲得しようとするクラブは多かったようだが、ロドリゲスに迷いはなかったようだ。

ミランが獲得したのは”地味”な選手ばかり?

伊『Gazzetta dello Sport』によると、ロドリゲスはイタリアでプレイすることが夢だったと語り、ミランからオファーを受けた時点で迷いはなかったと語っている。

「僕はイタリアでプレイしたかったし、これは僕の夢だ。ハッピーだよ。2、3ほどのクラブが僕のことを見ていたけど、ミランからのオファーが来た時に迷いはなかったね。僕は左サイドバックでプレイすることになるだろう。クラブは僕を支持してくれているし、そこがメインポジションだからね。ただクラブも僕が中央でプレイしてきたことも知っているし、クラブが必要とするなら準備はできているよ」

ロドリゲスは世界トップレベルの左サイドバックで、年齢も24歳と若い。ミランにとっては非常に大きな補強だ。同じく今夏に獲得されたハカン・チャルハノール、アンドレ・シウバらとともに即戦力としての働きが期待されている。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1