ここから本文です

マレー、ジョコビッチら準々決勝 第1試合は日本時間21時から<男子テニス>

7/12(水) 14:58配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、第1シードのA・マレー(英国)、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードのR・フェデラー(スイス)、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)の男子シングルス準々決勝が行われる。

【ウィンブルドン対戦表】

2連覇と3度目の優勝を狙うマレーは、第27シードのS・クエリー(アメリカ)と対戦する。両者は今回が9度目の対戦で、マレーの7勝1敗。直近の対戦は今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)3回戦で、このときはマレーがストレートで勝利している。

2年ぶり4度目のタイトルを狙うジョコビッチは、第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と顔を合わせる。両者は今回が28度目の対戦で、ジョコビッチが25勝2敗と大きく勝ち越している。昨年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)準々決勝では、ジョコビッチがストレート勝ちをおさめた。

歴代最多タイとなる7度の優勝を誇るフェデラーは、昨年のウィンブルドン準決勝でも対戦した第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)と激突する。両者は今回が14度目の対戦で、フェデラーの9勝3敗。

大会初のベスト4を狙うチリッチは、第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦。両者は今回が3度目の対戦でチリッチの2連勝中。今年のAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)準決勝では、チリッチがフルセットで勝利している。

【男子シングルス準々決勝】
<センターコート>
第1試合:(1)A・マレー vs (27)S・クエリー

第2試合:(3)R・フェデラー vs (6)M・ラオニッチ

<コート1>
第1試合:(7)Mチリッチ vs (16)G・ミュラー

第2試合:(2)N・ジョコビッチ vs (11)T・ベルディヒ

センターコートとコート1の第1試合は、日本時間12日の21時(現地12日の13時)に開始予定。

tennis365.net

最終更新:7/12(水) 14:58
tennis365.net