ここから本文です

安全祈り茅の輪くぐり 会津美里・伊佐須美神社で御田植祭

7/12(水) 11:41配信

福島民友新聞

 日本三田植祭の一つとされる会津美里町の伊佐須美神社の御田植祭が11日始まった。同日の前夜祭では夏越大祓(なごしおおはらい)と宵宮(よいみや)祭などが行われ、参加者は茅の輪をくぐり身の汚れを落とした。
 参加者は一礼して直径約2.5メートルの茅の輪を通り、祭事の無事と心身の健康を願った。12日の当日祭は午前10時40分から、成人男性が早乙女踊りを披露し、地元の子どもたちの獅子追童子が行われる。午後1時30分からは神輿(みこし)渡御の行列が出発、同3時からは田植式と早乙女舞が行われる。最終日の13日は早苗直祭などを行う。
 同町の御田植祭は喜多方市慶徳町の慶徳稲荷神社の御田植祭と合わせて「会津の御田植祭」として、国から「記録すべき無形民俗文化財」に選ばれている。

福島民友新聞

最終更新:7/12(水) 11:41
福島民友新聞