ここから本文です

松山英樹と谷原秀人、センターコートでマレーvsクエリーを観戦<男子テニス>

7/12(水) 22:53配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、ゴルフの松山英樹と谷原秀人がセンターコートのロイヤルボックスで、第1シードのA・マレー(英国)と第27シードのS・クエリー(アメリカ)の男子シングルス準々決勝を観戦した。

【ウィンブルドン対戦表】

松山はテレビ番組でも共演した錦織圭と会うことは出来なかったが、20日から開幕する全英オープンを前に世界ランク1位のマレーと同28位のクエリーの激しい打ち合いに、ご満悦の様子だった。

マレーとクエリーの勝者は準決勝で、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)のどちらかと対戦する。

同日のセンターコート第2試合は、第3シードのR・フェデラー(スイス)と第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)の準々決勝が行われる。

tennis365.net

最終更新:7/12(水) 22:53
tennis365.net