ここから本文です

王者マレー 惜敗で4強ならず、クエリーとの激闘に屈する<男子テニス>

7/12(水) 23:52配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)は第27シードのS・クエリー(アメリカ)に6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 1-6, 1-6のフルセットで敗れ、3年連続のベスト4進出とはならなかった。

【ウィンブルドン対戦表】

この日、ストロークで優位に立ったマレーが第1セットを先取。続く第2セット、パッシングショットを決めるなどで第7ゲームでブレークするも、その後2度のブレークを許してこのセットを落とし、セットカウント1-1に。

第3セット、マレーは第1ゲームでブレーク成功。その後ミスが重なり、第10ゲームでブレークバックを許したが、タイブレークを制して勝利に王手をかける。

しかし、クエリーの強烈なフォアハンドに苦しみ、2度のブレークを許して第4セットを落とすと、ファイナルセットでもクエリーにポイント先行を許して激闘に敗れた。

今大会、マレーは1回戦で世界ランク135位のA・バブリク(カザフスタン)、2回戦で同97位のD・ブラウン(ドイツ)、3回戦で第28シードのF・フォニーニ(イタリア)、4回戦で同46位のB・ペール(フランス)に勝利してベスト8へ駒を進めていた。

今シーズンは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で4回戦敗退、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)ではベスト4進出を果たした。

しかし、前哨戦のAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)では初戦で姿を消していた。

一方、四大大会初のベスト4進出を果たした29歳のクエリーは準決勝で、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7/12(水) 23:59
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ