ここから本文です

丸尾末広『笑う吸血鬼』が舞台化 山崎彬×丸尾丸一郎の「怪奇幻想歌劇」

7/12(水) 12:13配信

CINRA.NET

丸尾末広原作の舞台『怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」』が、12月下旬に大阪・大阪ビジネスパーク円形ホールで上演される。

【もっと画像を見る(5枚)】

丸尾末広の漫画『笑う吸血鬼』は、吸血鬼になった少年と少女を描く作品。謎の存在「駱駝女」から血を受けた十四歳の美少年・毛利耿之助と、同じく吸血鬼となった同級生・宮脇留奈が運命に翻弄されるという内容だ。1998年から『ヤングチャンピオン』で連載され、2000年に単行本化、昨年に新装版が刊行されている。

舞台版では、演出を山崎彬(悪い芝居)、脚本を丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)が担当。出演者は後日発表される。なお同作は「地元」をキーワードにするエンタメプロジェクト「based on origin」の第1弾作品で、山崎彬、丸尾丸一郎は共に上演が行なわれる関西の出身者となる。

CINRA.NET

最終更新:7/12(水) 12:13
CINRA.NET