ここから本文です

自民候補者調整で最初の内定

7/12(水) 21:59配信

ホウドウキョク

衆院選挙区の区割り見直しを受けた、自民党の候補者調整は、鹿児島県で最初の内定。
自民党の二階幹事長は「本日、極めてスムーズに候補者調整が成立しました。われわれは、これを機に、全員当選を期して、頑張ってまいりたい」と述べた。
「一票の格差」を是正する、衆議院小選挙区の区割り見直しを受けて、自民党は12日、選挙区が5から4に減った、鹿児島県の候補者の調整を行った。
これまで5つの選挙区全てに現職の議員がいたが、旧3区の宮路衆院議員が、九州・比例ブロックに回ることになった。
自民党本部としては、宮路氏を比例名簿の上位で優遇する方針だが、九州の他の県からは、比例の枠が減ることへの反発もあり、今後の調整は難航する可能性もある。
次の衆院選では、青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で、選挙区が1つずつ減ることが決まっている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/12(水) 21:59
ホウドウキョク