ここから本文です

九州豪雨へ寄付金募る 筒香「少しでも力に」

7/12(水) 6:20配信

カナロコ by 神奈川新聞

 プロ野球の各球場で11日、九州北部の豪雨による被災地支援のための募金活動が行われた。

 マツダスタジアムでは広島、横浜DeNA両チームの選手に加え、佐賀県出身の広島の緒方監督も参加。広島伝統のたる募金で、50万3161円が集まった。

 横浜DeNAからは主将の筒香のほか宮崎、山崎康、今永、浜口が参加。寄付をしたファンとハイタッチを交わした。筒香は「僕たちが簡単にコメントできることじゃないけど、少しでも力になりたいと(選手は)みんな思っている」と話し、北九州市出身の今永は「一日でも早く普段の暮らしを取り戻し、復興が進むことを願っている」と語った。

 活動は12日の試合前にも行われ、被災地に義援金として寄付される。