ここから本文です

新たに土壌汚染、工期完了に遅れ 厚木市立病院

7/12(水) 10:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 建て替え工事中の厚木市立病院(神奈川県厚木市水引)の全面オープンがさらに遅れることになった。外構部に土壌汚染箇所が見つかったため、工期の完了が8月末から11月末に延びると、11日に発表した。

 同病院によると、見つかったのは特定有害物質のフッ素化合物で、4~5月に事前調査した8カ所のうち、1カ所で基準値を超える土壌汚染が検出された。約200立方メートルの土砂の搬出、入れ替え作業が必要になる。

 汚染箇所は駐輪場跡地で、表土はコンクリートに覆われており、飛散などの恐れはない。汚染原因は不明という。

 同病院では今年1月、外来棟、本館棟の解体で当初の見込みより多いアスベスト(石綿)含有材が確認され、除去作業で完了が3月下旬から延期されていた。