ここから本文です

オースティン・マホーン、「ダーティ・ワーク」が1000万回再生を突破!総合洋楽チャートでは15週1位を獲得

7/12(水) 18:06配信

E-TALENTBANK

現在社会的大ヒットを記録しているオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が、新たな金字塔を打ち立てた。

各音楽ストリーミングサービスにおける同楽曲の合計再生回数がなんと1000万回再生を突破。もはや洋楽ファンのみならず、日本中にこの楽曲が広がっていることを表す数値となっている。

「ダーティ・ワーク」は今年に入り日本で話題が急上昇。iTunesを含む音楽配信サイトでは驚異の13冠を獲得し、Billboard Japanが発表する総合洋楽チャートでは、テイラー・スウィフトなどが持っていた通算首位獲得週(13週)の記録を更新する15週で1位を獲得。これは実に2017年の上半期の半分以上を占める数値であり、まさに破竹の勢いでチャートを席巻した。

そんな「ダーティ・ワーク」はこれまで配信のみのリリースとなっていたが、世界中のどこよりも早くここ日本でCD化されることとなり、いよいよ来週発売される。CDには「ダーティ・ワーク」のEDMリミックス、更に盆ダンス・リミックスといった変わり種のバージョンも収録。特典としてポスターブックレットの他、“ダーティ・ワーク課オリジナル名刺”も収録された豪華内容となっている。

来週開催されるジャパン・ツアーも続々とソールド・アウトしており、下半期になっても勢いを増すばかりのオースティン・マホーン。まだまだ続くであろう“ダーティ・ワーク旋風”から今後も目が離せない。

株式会社イータレントバンク

最終更新:7/12(水) 18:06
E-TALENTBANK