ここから本文です

ブランパンGTシリーズ・アジア:Porsche Team EBI発進! 富士戦での勝利を狙う

7/12(水) 20:01配信

オートスポーツweb

 7月12日、東京・青山のポルシェセンター青山で、8月19~20日に富士スピードウェイで開催されるブランパンGTシリーズ・アジア第4ラウンドに参戦するPorsche Team EBIが参戦体制発表会を行った。

 2016年までスーパーGT300クラスに参戦していたExcellence Motorsportは、今季スーパーGTでの活動を行っていなかったが、新たにアジアへの挑戦を行うことになった。2017年からエクセレンス・インターナショナルの社名が『EBIマーケティング』として変更されたことから、新たにチーム名も『Porsche Team EBI』に改められ、ブランパンGTシリーズ・アジアの富士戦に、プロクラスから挑戦することになったのだ。

 すでに参戦発表自体は7月1日に、シリーズを運営するSROモータースポーツ・グループから発表されていたが、この日は改めて都内でポルシェオーナーたちを集め、“ファンミーティング”としてブランパンGTアジアに参戦する、ゼッケン『3』をつけたポルシェ911 GT3 Rがお披露目された。

 昨年スーパーGTに参戦していた際のカラーリングからは細部が変更され、ブランパンGTアジアのオフィシャルステッカーが貼られたポルシェ911 GT3 Rとともに、チームメンバー全員とのハイタッチで登場したドライバーの山野直也と坂本祐也は、多くのファンを前に「優勝を狙いたい」と目標を語った。

「この911 GT3 Rと坂本選手とともに、ふたたびレースを戦うことができて嬉しく思います。今回の戦いでは、何が何でもアジアの強豪たちと戦いながらトップを獲って、アジア最強のディーラーであると示したい」と山野。

 また、坂本も「昨年もこのチームで富士、鈴鹿をドライブし、鈴鹿ではポイントも獲れました。このチームはアットホームで、戦いやすい。今までの経験を培って、表彰台、優勝を目指したい」と意気込みを語った。

 チームスタッフは、「我こそは」と集ったポルシェセンター目黒や世田谷、青山といったディーラーのメカニックたち。昨年までとはスタッフも変わっているが、勝利への思いは強い。

 すでにブランパンGTアジアにはARN RACING、D'station Racing、CarGuy Racing、KCMGといったチームが参戦しているが、Porsche Team EBIはそれに次ぐもの。すでに日本人ドライバーには不慣れなピレリタイヤのテストも行っており、準備も万端だ。昨年シーズン後半に調子を上げた勢いそのままに、富士戦での好成績、そして勝利を期待したいところだ。

[オートスポーツweb ]