ここから本文です

「味平かぼちゃ」の出荷始まる

7/12(水) 16:13配信

北國新聞社

 加賀市特産の「味平(あじへい)かぼちゃ」の出荷が12日始まり、同市作見町のJA加賀野菜大豆集出荷場に丸々と育ったカボチャが次々と持ち込まれた。小松や金沢の市場に運ばれ、13日に石川県内のスーパーに並ぶ。

 同JAによると、味平かぼちゃは糖度が高く、ほくほくとした食感が特徴で、初日は約10トンが出荷された。5、6月の雨不足の影響で、例年より1週間ほど収穫が遅くなった。

 加賀市では今年、昨年より2軒多い81軒の農家が約47ヘクタールで栽培しており、8月下旬までに約350トンの出荷を見込む。

 JA加賀かぼちゃ部会の下出幸緒会長(48)は「今年は雨不足で心配していたが、品質良く仕上がった。天ぷらやサラダ、煮物などにして味わってもらいたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/12(水) 16:13
北國新聞社