ここから本文です

[プレミアリーグEAST]横浜FMユースは主軸不在の中で奮闘も1点遠く、連勝ならず

7/12(水) 20:14配信

ゲキサカ

[7.9 高円宮杯プレミアリーグEAST第8節 浦和ユース 2-0 横浜FMユース 浦和駒場]

 横浜F・マリノスユースは前節、DF西山大雅、U-18日本代表MF山田康太主将(ともに3年)、MF土佐陸翼(2年)のゴールによってFC東京U-18を破って今季初勝利。山田やU-18日本代表MF堀研太(3年)、U-17日本代表FW棚橋尭士(2年)らけが人を欠いた状況で迎えたこの日の浦和ユース戦もボールを握って攻めていたが、1点を奪えず、逆に勝負どころで失点して0-2で敗れた。

 西谷冬樹監督は「いい感じで来ていただけに悔しい。(けが人の多い状況)だからこそ、このメンバーで勝ちたかった」と残念がった。勝って、自信をつけたかったという面もある。だが、ボールを握りながらも2人、3人が絡んだ崩しの数を増やすことができず。後半は相手のパワーある攻撃の前にセカンドボールを拾う回数が少なくなってしまった。

 チームは今季4度目となる無得点。MF土佐が積極的にミドルシュートを狙い、前半終了間際には左クロス後の混戦からFW山谷侑士(2年)やMF松田詠太郎(1年)が体ごとゴールへ押し込もうとしたが、浦和ユースの必死の抵抗の前にゴールを破ることができなかった。

 後半にもカウンターから西山が放った決定的なヘッドがGKに阻まれ、終盤には松田やU-17日本代表MF椿直起(2年)の仕掛けからゴールをこじ開けようとしたが最後まで1点が遠く、9位後退。指揮官は今後特に求めて行く部分について問われると、「得点」と答え、「フィニッシュの精度もそう。課題ですね」と語っていた。

 2年ぶりの優勝を目指す日本クラブユース選手権ではプレミアリーグEAST首位の清水ユース、C大阪U-18、千葉U-18という激戦グループに入った。まずは、プレミアリーグの次節・市立船橋高戦で白星を収めることに集中して、その後日本一奪還を懸けた戦いに臨む。

最終更新:7/12(水) 20:14
ゲキサカ