ここから本文です

YOSHIKIが術後初公演 年内にもドラム再開を

7/12(水) 7:52配信

日刊スポーツ

 X JAPANが11日、大阪城ホールで、世界ツアーをスタートさせた。5月に米ロサンゼルスの病院で頸椎(けいつい)人工椎間板置換の緊急手術を受けたYOSHIKIは、術後初ステージに立ち、年内にもドラム再開を口にした。

【写真】鉄拳感激!YOSHIKI神対応でツーショット実現

 「確実に状態は良くなっています。早ければ年内にも(ドラムを)復活できるように、と。もう、少し(体力づくりのため)バイクこぎ始めていますので」

 開演前、取材に応じたYOSHIKIは、ドラマーとしての復活を約束した。今ツアーはドラムではなく、ピアノで参加。アコースティックライブになった。

 ライブは、映画「WE ARE X」上映後すぐに始まり、ストリングス16人とともに、YOSHIKIのピアノが響いた。

 YOSHIKIは、1万人ファンに「ほんとだったらここにドラムセットがのってるんだけど、なぜか今日はピアノで」とあいさつ。「いつもみたいに叫んだり、ぶっ壊したりできないけど、違った感動を届けたい」と約束した。

 98年に急死したHIDEさんに向けて作った「WITHOUT YOU」も披露。TOSHIの歌声とともにHIDEさんの映像が流れると、客席から「HIDE~っ!」との声が飛び交った。日本公演は2都市6公演を予定し、17日の横浜アリーナがファイナル。【村上久美子】

最終更新:7/12(水) 8:35
日刊スポーツ