ここから本文です

ベッカム娘のバッキンガム宮殿での誕生祝いに批判

7/12(水) 14:34配信

日刊スポーツ

 元サッカーイングランド代表のデービッド・ベッカム氏(42)とビクトリア(43)夫妻の末っ子ハーパーちゃんが、6歳の誕生日をバッキンガム宮殿でお祝いしたと報じられた。10日に誕生日を迎えたハーパーちゃんが、友人と共にバッキンガム宮殿のティーパーティーに招かれ、特別な1日を過ごしたことをSNSで報告。映画「アナと雪の女王」のエルサに扮(ふん)したドレス姿のハーパーちゃんが、友人と一緒にユージェニー・オブ・ヨーク王女と対面した際に撮影した記念写真や宮殿をバックにベッカム氏と抱き合う写真をインスタグラムに掲載し、「宮殿で本物のプリンセスに会えてラッキーなハーパー」とコメント。これに対し、市民からはハーパーちゃんが特別扱いを受けているとの批判が殺到した。

【写真】傷だらけ&汚れた歯の特殊メークを披露したベッカム氏

 ベッカム氏はその後、「たまたまティーパーティーに招かれ、お姫様の格好で参加しただけ」と釈明。ハーパーちゃんの誕生日を祝うために開かれたものではなく、ベッカム氏自身やその母、ハーパーちゃんの友人らがゲストとして招かれたものだったと語った。本来はプライベートなパーティーだったが、ベッカム氏がSNSで写真を公開したことで騒動に発展したと王室関係者は語っている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

最終更新:7/12(水) 14:46
日刊スポーツ