ここから本文です

藤井四段が名古屋場所観戦、場内から藤井くんコール

7/12(水) 17:15配信

日刊スポーツ

 公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(14)が12日、愛知県体育館で開催中の大相撲名古屋場所4日目を観戦した。

【写真】藤井4段が小学生当時に描いた「将来の夢」

 午後4時すぎ、師匠の杉本昌隆七段(48)ととも升席に座ると、場内からは「藤井くん~」のコールが起こった。時の人をひと目みようする人や、記念撮影する人も。愛知県瀬戸市出身の藤井は握手を求められると、頭を下げながら応じた。謙虚な姿勢はそのままだった。

 到着後約40分後にはお弁当を食べた。相撲観戦の「勝負メシ」の中身は不明だが、おいしそうにたいらげた。

 昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロデビュー。それまで現役最高齢の加藤一二三(ひふみ)九段が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。4月4日にはデビュー後11連勝を達成し、プロ公式戦の新記録を樹立。6月26日には神谷広志八段を抜き、新記録の29連勝を達成した。

最終更新:7/12(水) 17:21
日刊スポーツ