ここから本文です

ポルシェ、2017年度上半期の販売台数が過去最高に!最も売れているモデルは…

7/12(水) 17:04配信

オートックワン

マカンが好調をキープ!

ポルシェAGは、2017年度の上半期において、全世界における新車の販売台数が12万6497台に達したことを発表した。

このニュースのフォトギャラリー

これは上半期の売り上げとして過去最高記録であった2016年度からさらに7%の増加となった。この数値は、ポルシェが半期に販売した台数としては新記録である。

このうち、SUVのマカンは引き続き好調な動きを見せ、ポルシェのラインアップの中で販売台数に占める割合がもっとも多いモデルとなっている。

一番の伸びを見せたのはパナメーラ!

全モデル中、一番の伸びを見せたのは4ドアスポーツカー、新型パナメーラで、2016年の上半期と比較で、実に54%増となっている。中国は昨年同期から18%プラスとなる3万5864台を売り上げ、世界最大の単一マーケットのポジションを守った。

ポルシェのセールスおよびマーケティング担当取締役であるデトレフ・フォン・プラテン氏は、「パナメーラに対する市場の反応は熱狂的です。パナメーラにプラグイン ハイブリッドモデルとスポーツツーリスモが加わったことで、さらに勢いは増すでしょう。ポルシェが顧客に対してオファーする非常に魅力的な商品とユニークなブランド体験が、我々の成功の源です」とコメントしている。

パナメーラだけでなくスポーティーSUVであるマカンの販売台数も伸びを見せており、11%のプラスとなる5万台超えを記録。ミッドシップスポーツカーの718ケイマンとボクスター、さらにはカイエンの販売も増加している。なお、カイエンの販売台数は3万5601台だった。

米国における販売は2万7568台で、ポルシェにとって中国の次に大きなマーケットだ。ドイツでは、好調だった昨年と同レベルの1万5474台(前年比1%のプラス)を販売している。

最終更新:7/12(水) 17:04
オートックワン