ここから本文です

退屈したトレーダーが出会い系アプリ閲覧、ウォール街不調の症状

7/12(水) 6:51配信

Bloomberg

ある債券トレーダーは早退して子供のスポーツの試合を見に行く。あるファンドマネジャーによると、オフィスぐるみでゴルフで時間をつぶした。別の銀行のトレーディング部門の管理職は出会い系アプリでいろいろなお相手のプロフィルを閲覧していたと白状した。

ウォール街が停滞に逆戻りした。4四半期連続でトレーディング収入が増えた米国の大手投資銀行だが、ここ数カ月は再び低迷している。どんなにつまらない四半期だったかを株主はすぐに知ることになる。大手5投資銀を合わせた4-6月(第2四半期)トレーディング収入は前年同期比11%減の184億ドル(約2兆1000億円)が見込まれている。予想通りなら第2四半期として2012年以来の最低になる。米銀の決算発表は14日から始まる。

舞台裏ではトレーダーらが相場を動かすニュースの欠如に不平を漏らしている。議会の膠着(こうちゃく)状態のためトランプ大統領が企業寄りの政策を法制化できるかに疑問符が付く。他の地政学的摩擦はまだ市場を揺るがすに至らない。米金融当局は政策金利について予定通りの軌道を歩んでいる。

特に打撃を受けたのは債券トレーディングだ。アナリスト9人の予想では、5行を合わせた同業務の収入は16%減の112億ドルと見込まれる。ゴールドマン・サックス・グループは23%減の約15億ドル、JPモルガン・チェースは17%減の33億ドルの見込み。

株式トレーディング収入も合計で2%減の72億ドルが見込まれ、同業務でリードするモルガン・スタンレーは約6%と最大の落ち込みを喫しそうだ。

5行の広報担当はコメントを控えた。

原題:Bored Traders on Tinder Are a Symptom of Wall Street Revenue Dip(抜粋)

Laura J Keller

最終更新:7/12(水) 6:51
Bloomberg