ここから本文です

「早めの対応重要」九州豪雨調査の愛媛大教員ら報告

7/12(水) 9:15配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛大防災情報研究センター(松山市文京町)は11日、九州豪雨の被災地に出向いた教員らによる調査速報会を同大で開いた。森脇亮センター長(45)と森伸一郎准教授(60)らが、河川氾濫や斜面崩壊などで今も被害の全容が見えない現状を伝え、愛媛でも早めの対応で安全を確保する重要性を強調した。

愛媛新聞社

最終更新:7/12(水) 9:15
愛媛新聞ONLINE