ここから本文です

イエレンFRB議長:インフレは重要な不確実性-経済は緩やかに成長

7/12(水) 22:42配信

Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、米経済が向こう数年にわたり拡大を続け、金融当局は利上げ継続が可能になるとの認識を示した。一方、当局として低過ぎるインフレ率を注視していることも強調した。

イエレン議長は12日、米下院金融委員会の公聴会で「経済見通しには常に、相当な不確実性が伴う」とし、「例としては、インフレがいつ、そしてどの程度、リソース活用の引き締まりに反応するかを巡る不確実性が挙げられる」と述べる。

半期に一度行われる議長の議会証言は米東部時間午前10時に開始予定。証言原稿が事前に公表された。冒頭証言の後、議員らの質問に答える。13日には上院銀行委員会で証言する。

イエレン議長は、インフレ率が目標の2%を下回り続けている状況を当局が警戒していることを強調。他の連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーらも最近、同様の懸念を表明している。

原稿によれば議長は「FOMCは向こう数カ月、インフレの動向を注視していく」と指摘した。

原題:Yellen Sees Inflation as Key Uncertainty, Amid Moderate Growth(抜粋)

Craig Torres, Christopher Condon

最終更新:7/12(水) 22:42
Bloomberg