ここから本文です

JPモルガンCEO:ロンドンから移る人員、EU次第で増える可能性

7/12(水) 2:34配信

Bloomberg

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、欧州連合(EU)当局者は銀行業務のより大きな部分を域内に置くよう求めることによって、ロンドンを拠点とする企業に英国外に移転させる従業員の数を大きく増やすことが可能だと指摘した。

同CEOは11日パリでの会議で、英国のEU離脱への最初の対応として「われわれは数百人の人員を移さなければならないだろう」と述べた上で、「注目すべきは第2段階だ。そこで起きることは全くEU次第だからだ」と続けた。

「後になってEUがもっと多くの雇用をロンドンからEU内に引き入れたいと決めたら、EUはそれを命じるだけでいい」と発言。「当局者がある日、リスク担当者、弁護士、コンプライアンス担当者が英国で勤務しているのは安心できないと言えば、われわれに人の移動を強いることができる。われわれは当局の将来の動きに振り回されるだろう。それに対応しながら、顧客へのサービスを続けていけることを望むばかりだ」と語った。

原題:JPMorgan’s Dimon Says EU May Force More Brexit Moves Later (3)(抜粋)

Gavin Finch

最終更新:7/12(水) 2:34
Bloomberg