ここから本文です

【中国】上半期の宅配便取扱量、31%増の174億件

7/13(木) 11:30配信

NNA

 中国国家郵政局は11日、全国の宅配サービス企業による上半期(1~6月)の宅配便取扱量が前年同期比31.4%増の174億件だったと発表した。人民日報が伝えた。
 同期の宅配業売上高は27.5%増の2,186億元(約3兆6,520億円)だった。第2四半期(4~6月)で見ると、取扱量は前年同期比31.3%増の98億件、売上高は27.6%増の約1,200億元(速報値)。国民1人当たりの利用件数は7.1件となっている。
 また第2四半期における宅配便サービスへの苦情は荷物100万件当たり3.9件で、前年同期に比べ1.8件減少して最近6年で最低水準となった。
 同局は第3四半期(7~9月)の見通しとして、取扱量は32%増の100億件以上、売上高は27%増の1,250億元以上になるとしている。
 インターネット通販の急拡大により、中国の宅配便取扱数は世界一となっている。同局によると、昨年の取扱量は前年比51.4%増の312億8,000万件だった。

最終更新:7/13(木) 11:30
NNA