ここから本文です

34度を超える酷暑… アン・シネの熱中症対策は?

7/13(木) 8:34配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 事前情報◇14日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,667ヤード・パー72)>

モデルやアイドルが参加!サマンサレディス、プロアマのフォトギャラリー

北海道・函館市で行われた国内女子ツアー「ニッポンハムレディスクラシック」では、自己ベストの13位タイで日本ツアー4戦目を終えたアン・シネ(韓国)。12日(水)には練習ラウンドで精力的に汗を流し、初のトップ10入りへ意気込みを見せていた。

5月の「ほけんの窓口レディス」では予選落ちも、1か月ぶりにツアー復帰した「アース・モンダミンカップ」では16位タイ、そして先週の13位フィニッシュと、日本の環境に順応してきたのか、明らかに上り調子。「先週に悔しかったショットの部分を今回十分に練習してきたので、今週は自信を持ってプレーできるのではないかと思っています」。試合ごとで明確な“宿題”を自らに課すことで、ステップアップできているのだという。

ちなみに、この日は日中34度を超えるほどの酷暑。日本に慣れてきたとはいえ、うだるような暑さにシネもお手上げかと思いきや、「思ってたよりは湿度も低かったし、大丈夫でした」と涼しい顔。

きちんと熱中症対策も考えているようで、「水分をとるのはもちろんですが、暑いと食欲が減るので、水分を多く含んだ果物とかをいっぱい食べるようにしています」。元々暑さには強いと語るシネ。プレーだけでなく、日本の気候に対してもすでにアジャスト済みのようだ。

とはいえ、「汗をかくのはあまり(美しくないから)良くないことだと思うんです」と、麗しき女性の顔も覗かせたシネ。しかし、その後はプレーヤーの顔になり、「でも、選手としては暑い中でもいいプレーをすることがとても好きなんですよね」と、清々しく笑った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>