ここから本文です

多良間健登さん真摯な思い表現 南部九州総体スローガン表彰

7/13(木) 5:00配信

琉球新報

 沖縄、鹿児島、熊本、宮崎の4県で開催する2019年度全国高校総合体育大会(南部九州総体)のスローガンの最優秀賞に選ばれた宮古高校3年の多良間健登さんの伝達表彰が、12日に那覇市の県立武道館で開かれた県選手団の結団式前に行われた。

 多良間さんのスローガン「響かせろ 我らの魂 南の空へ」は南部九州総体のポスターやパンフレットなどで使用される。スローガンには、選手一人一人の真摯(しんし)な心が、南部九州の空に響いてほしいと思いが込められている。
 6月に鹿児島県であった表彰式に出席した。「表彰してもらうまで決まったことに実感がなかった」と振り返る。南部九州総体開催時は高校を卒業しているが、出場する後輩へ「自分のプレーを最大限に発揮し、感謝の気持ちを忘れずに挑んでほしい」と期待を込めた。
 多良間さんの他にも大会愛称で優秀賞に渡真利優人さん(宮古高卒)、佳作に平良奈美樹さん(同)、シンボルマークで佳作に生盛愛彩さん(開邦高2年)、喜納そらさん(同)が選ばれた。伝達表彰には生盛さん、喜納さんも参加した。

琉球新報社

最終更新:7/13(木) 5:00
琉球新報