ここから本文です

【シンガポール】TABI LABO、ディスカバリーなどと提携

7/13(木) 11:30配信

NNA

 インターネットメディア事業などを展開するTABI LABO(東京都渋谷区)は12日、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC、同)およびディスカバリー・ネットワークス・アジアパシフィック(DNAP、本社シンガポール)と資本・業務提携したと発表した。併せて両社などから総額5億6,000万円の資金を調達したという。
 DACはメディアサービスやソリューションサービスなどの事業を手掛ける。DNAPはアジア地域でケーブルテレビのドキュメンタリー番組「ディスカバリーチャンネル」を配信している。
 TABI LABOとDACおよびDNAPは、スマートフォン向け動画広告とTVコンテンツの連動による高品質なコンテンツ、ブランド広告の提供に向けて協業する。これにより、TABI LABOはインターネットだけでなくテレビの放送網を活用したクライアントの課題解決、DNAPはテレビだけでなくネットを使った広告主の課題解決が可能になるという。またDACの持つアドテクノロジーを生かし、TABI LABOはマスデジタル統合型のコミュニケーションやプロモーションの設計・提供を行っていく。
 TABI LABOは今回、DACとDNAPのほか、ジャフコやグロービス・キャピタル・パートナーズ、gumiベンチャーズ、個人投資家からも資金を調達した。

最終更新:7/13(木) 11:30
NNA